ファンビジネス開発©ブログ

ファンビジネス・オンラインサロン・補助金などマーケティングに役立つ投稿をしています。


マネージャー

田仲 恭子


Members

メンバー専用です。

お客さま全員をファンにしようと思っていませんか?

2022-02-20
Views:278

投稿画像
ファンマーケティングでは、お客さまに熱狂的なファンになってもらいお互いを応援し合う関係をつくることを目指していきます。
では、お客さまのうちどのくらいの人をファンにしていけばいいのでしょう。


マーケティング用語でもある「パレートの法則」をご存じでしょうか?
1つの構成する集まりは、そのうちの20%でなりたっているという法則で、ユダヤの法則でも言われています。
あなたの商品やサービスの、ファンにはなるのは約2割。
そして、そこから継続的に応援してくれる熱狂的なファンになるのは、2割の中の2割(4%)です。
例えば、購入してくれたお客さまが100人いたとしたら、そこから「リピートしよ♡」と思ってくれるのは20人。
さらに「すごくいいから、友達に紹介しよう!」と思ってくれるのは4人というわけですね。


「お客さまをファンに育てましょう」という話をすると、多くの方は自分たちの商品やサービスを買ってくれたお客さまを全員ファンにしようと考えがちですが、そんな必要はありません。
20%のあなたの想いや価値観に共感してくれるファンと、さらにあなたを応援してくれる4%の熱狂的なファンが心から喜んでくれるサービスを提供していけばいいのです。
 
無理にお客さま全員をファンにしよう!では、自分らしいビジネスの継続は難しいかもしれません。

コメント 0