ファンビジネス開発©ブログ

ファンビジネス・オンラインサロン・補助金などマーケティングに役立つ投稿をしています。


マネージャー

田仲 恭子


Members

メンバー専用です。

E.あなたの価値観が上がる「ポジショニング」とは 

2022-03-04
Views:119

投稿画像
「顧客」
「自社」
「ライバル」
3つの視点からの「ポジショニング」についてお伝えしていきます。
 
ここがビジネスを成功させるための最重要ポイントになります。
 
まずお客さまが、自分自身の課題解決や理想のために商品やサービスを購入しようとするときの考え方は2つ
「本当に必要か」
「どこでなにを買うか」
になります。
これをマーケティング用語で
 「絶対価値」=本当に必要か と 「相対価値」=どこでなにを買うか 
といいます。
 
下記 “小人さん” について考えてみましょう! 
 
・ぽっちゃり体形を気にしている62歳のひろこさん・
口ぐせ「やせたい」、趣味「旦那さんと旅行」悩み「やせたい」理想「いつまでも旦那さんと一緒に旅行に行きたい」
では、ひろこさんが本当にダイエットを必要だと思うのは1~3のうち何番でしょうか?
 
1.旦那さんに「また太ったね」と言われた
2.今まで着られていたスカートが入らなくなった
3.健康診断で糖尿病予備軍と言われ、医者からやせなさいと注意された。
 ↓
 
 ↓
 
 ↓
 
【答え】
この「本当に必要か」の絶対価値は、お客さま自身も気づいていない必要性を「教育」することでさらに高めることができます。
例えば、糖尿病になると基本的には治らないこと
糖尿病が進行するとインスリン注射が必要なこと
さらに進行すると失明・透析・末端壊疽の可能性まであること
などの情報を学んだあとは、「本当に必要」が高まります。
それに加えて、人から聞いた話を付け加わる
※特に自分が属しているコミュニティから聞く
糖尿病予備軍からダイエットで健康を取り戻し、旅行を楽しんでいるはなし
糖尿病予備軍から糖尿病が進行し外出すらできなくなったはなし などを聞くと
「本当に必要か」 は 「絶対ほしい」に変わります。
 
これが、ファンマーケティング3つのステップ「あり方」「やり方」「コミュニティ」でいうところの「コミュニティ」の活用になります。こちらは今後お話します。
 
次に「相対価値」=どこでなにを買う かです。
みなさんは商品やサービスを購入しようと思うときどうやって探すことが多いでしょうか? 
 
大抵のお客さまは、より自分がいいと思えるものを買うためにネットという大海原を探しだします。
そして多くの事業者もその大海原で、たくさんのお金を使った広告とたくさんの時間を使ったSNS
投稿や口こみ集めをしています。
お互い大変な作業です。
 
だからこそ、お客さまが「これがほしい」と思ったときにすぐ目に入るポジションを取っておくことが必要です。
 

 
 
 
 
 
 
 
 

コメント 0